ユーキャンの登録販売者通信講座の評判はどう?

ユーキャンのロゴ

テレビCMなどで有名なユーキャンですが、みなさんも名前は聞いたことがあるとは思います。ユーキャンは通信講座ではすでに老舗、100を超える講座数を誇る、まさにTHE通信講座です。

ユーキャンにはその有名という意味での信頼度、初学者に優しいなど様々な利点があります。ここではユーキャンの特徴について解説します。

ユーキャンはこちら

わかりやすいテキストでスキマ時間に実力アップ!

ユーキャンのテキスト

ユーキャンの登録販売者講座のテキストは初学者にも優しい大きな文字。ページの先頭に重要度が付いてるから何が大事かひと目でわかります。

持ち運べる小さな副教材「重要ポイント&チェック」はユーキャンの推奨している「スキマ時間学習」にピッタリ。通勤中や家事の合間、会社の休み時間などいつでもサッと開いて学習ができます。

また、スマホ・PCから利用できる学習支援Webサービス「学びオンラインプラス」でWebテストや動画解説が見られるので、こちらもスキマ時間学習に最適です。

ユーキャンの標準学習期間は8ヶ月です。一日の学習時間は1時間程度でOK。最大14ヶ月サポートが付きますので自身のペースでゆっくり学習しても大丈夫です。

質問はいつでも、添削や模擬試験をペースメーカーに

スケジュール

実際にユーキャンの学習を始める場合は郵送されてくる「ガイドブック」をみながら「学習スケジュール表」を作っていきます。

ユーキャンの登録販売者講座では添削課題が6回、仕上げの模擬試験が1回あります。添削課題の提出日や模擬試験をやる日をあらかじめスケジュール化することで学習のペースが作れます。

社会人の独学が挫折しやすいのは中間テストのような細かい締切がないためで、ある意味いつ勉強しても自由なので直前まで何もやらなくなる場合が多いのです。

またユーキャンではわからないところがあったらメールか郵送でいつでも質問ができます。独学ではわからないところが出てくると勉強をやめてしまう原因になりがちですが、その心配はありません。

どこの都道府県でも大丈夫

県別

登録販売者の試験は県別に行われるので、自身の県は大丈夫?などと思われる方もいるようです。

実際はどの都道府県でも厚生労働省発表の「試験問題の作成に関する手引き」から出題されます。ユーキャンでは各都道府県の試験内容・傾向を分析して、テキストに反映してるので、全国どこで受験予定でも試験対策ができます。

登録販売者の試験日は各都道府県で同日でない事も多いため、複数の県の試験を受ける事も可能です。一つの県の傾向対策をねるよりも、全国どこでも受験できる対策のほうが得策とも言えます。

ユーキャンの無料資料請求はこちら

Copyright © 登録販売者の通信講座を比較しよう-All Rights Reserved.