登録販売者は独学でも取得できるの?

独学のイラスト

登録販売者は独学でも取得できます。その証拠に、忙しいサラリーマンの方々が自宅学習で合格している例がたくさんあります。

この資格の難易度は中程度で、どなたでもチャレンジしやすいです。

例えばドラッグストアや薬局や製薬会社などに勤めていて、社内研修で勉強した人は9割方合格しているという話がありますし、全く薬品についての専門知識がない方でも、ちゃんとした勉強を行えば1年間で取得も可能です。

登録販売者の資格試験は年1回の自治体と年2回のところがあり、実施する都道府県によって出題内容が違うので、合格の難易度に差があります。例えば平成25年度では東京都の合格率が27.5%、秋田県の合格率が67.7%と大きな差が出た事実もありまが、全国平均は例年45%前後の合格率です。

登録販売者の資格試験は専門のテキストや過去問題などを丁寧に反復練習して、しっかりと暗記することがポイントで、厚生労働省の提供している手引き書も有効です。ネット上にも過去問や予想問題を掲載してるサイトもあります。

通信講座、スクールのメリット

学校のイラスト

独学ではちょっと心配という方、早い合格を目指している方は、ある程度費用を掛けて通信講座や資格専門校で勉強するのがおすすめです。

資格試験の合格のコツは、薬品とその効果、投与方法に副作用などを確実に暗記すること。その為にはテキストを反復して読み込み、過去問を含む問題集をくりかえし回答すること。もちろん間違っている点や不理解部分の強化対策が欠かせません。これらをすべて自身でやるとなると大変ですが、通信講座や専門スクールであればカリキュラムにそって学習していけばいいので、利用する価値は十分にあります。

また資格専門校や通信講座であれば通う日や添削の提出日などがあるでしょうから、怠けがちな人でも勉強をする切っ掛けにはなります。ペースメーカーとして講座を利用するのも考え方の一つです。

まずはバイト、パートで学ぶ

バイト募集のイラスト

登録販売者を目指してる方は、すでに薬局やドラッグストアで働いてる方が多いとは思います。ですが、もしまだ働いた経験がなく、まずは資格取得と考えてる方には、まずはバイト、パートで経験を積むことをおすすめしています。

独学をするにしても講座で学ぶにしても、実際の登録販売者の仕事や役割などを見ておく事は大事です。薬局やドラッグストアでバイトをするのは良い経験となりまし、生きた勉強にもなります。

薬剤師や登録販売者の方の生の働きぶりを見聞きするチャンスは他にはありませんし、店側にしても登録販売者を必要としているので、なるべく合格させてあげようと協力してくれる場合がほとんどなのです。資格試験前のシフトなども考慮してくれたりするお店も多いようです。

資格取得者が最も使用している教材は実は各ドラックストア秘蔵の教本?

マル秘テキスト

実際に合格した方の合格体験記を読むと、多くの方が店秘蔵のテキストを使って勉強したと言っています。

各ドラックストアではマニュアルの形で秘蔵の教本を作成しています。社員からアルバイト店員まで、その店舗で扱っている薬に関する解説やその扱い方法などを詳しく教えているテキストです。

例えば大手の”マツモトキヨシ”では医薬品登録販売者試験対策テキストを市販しています。実用性が高く、受験者にはおすすめの本と言えます。やはり現場で必要とされる登録販売者を目指すには現場の声が反映されたテキストで勉強したほうが、合格後も役に立つ事でしょう。

Copyright © 登録販売者の通信講座を比較しよう-All Rights Reserved.